ニキビができる原因

ニキビは何故できるのでしょうか。
ニキビの原因は毛穴が詰まる事にあると言われています。
肌の表面では、毛穴の奥の方に存在する皮脂腺から出る皮脂と汗腺と呼ばれるところから出てくる水分が混ざって肌を保護しています。
しかし、ある原因が起こると毛穴が詰まってしまうと皮脂が肌内部に入ったままになるとニキビができてしまいます。

毛穴が詰まってしまう原因というのは年代によって異なります。
例えば10代や20代であれば、ホルモンのバランスが安定しておらず、皮脂の分泌量が多い事が原因になりやすいですし、30代であれば年齢を重ねたことによる新陳代謝の低下やストレスの蓄積によってニキビができたりします。
さらに皮脂が毛穴に詰まった状態で酸化をしてしまったり、炎症が起きたりするとニキビが黒ずんでしまいます。

ニキビの原因は発生場所でわかる

実はニキビができた場所がわかればニキビができた原因を知る事ができることをご存知でしたか?
自分はどこにニキビができやすいかを思い出して、ぜひチェックしてみてください。

額にできた場合
額に現れる小さくてプツプツとしたニキビは実は精神的なストレスが蓄積された結果であるとされています。
またはストレスが溜まったことで消化不良を起こした時にも起こることがあります。
頬や口にできた場合
頬にニキビができるのは、肺や肝機能が弱まっていることが原因だとされています。
また、胃腸にトラブルが起こっている時は口の周辺にニキビができるようです。
これらはいずれもビタミンBが足りないことが原因となっているようです。
アゴの下の方にできた場合
ニキビがアゴの下の方にできたら、コレステロール過多が原因かもしれません。
また運動不足によってニキビが発生することもあります。
アゴの中心か側面にできた場合
アゴの真ん中や側面にニキビができた場合、ホルモンのバランスが崩れていたり、自律神経が乱れていることが考えられます。
生理前にもニキビができやすくなりますが、その場合もこのタイプになります。

このページの先頭へ