浮いてくる皮脂について

皮脂が浮いてすぐに化粧が崩れてしまうという人や、午後になると決まって肌がてかてかしてくるという人は、皮脂の調整が上手くできていない可能性があります。
とりわけ毛穴の黒ずみやニキビなどを何とかしたいと考えている人は、同時に皮脂が浮くことについても悩んでいることがほとんどです。

そこでまず知っておいて欲しいのが、皮脂は取れば減るわけではないということです。
こまめに脂取り紙を使用したり、何度も洗顔をする人も少なくないと思いますが、実は皮脂がなくなればなくなるほど、肌は反応して皮脂をたくさん出そうとしてしまうのです。

ですから、もし皮脂の分泌が過剰で、何とかしたいと考えているのであれば、保湿に力を入れましょう。
肌の水分と脂分のバランスが正常になれば、肌は乾燥することも、脂っぽくなることもなく、もちもちとした弾力のある、しっとりした状態になっていくでしょう。

また、脂は主にTゾーンを中心として浮いてくると思いませんか?
目の周りはカサカサしてシワが目立ってしまうのに、どういうわけかTゾーンはべたべた、なんてことを感じたことのある人はきっと多いはずです。
そんな時は良い方法がありますのでぜひ1度試してみてください。

まず手を清潔に洗った後に、Tゾーンに浮いた脂を指の腹を使って軽く押さえ、その脂を乾いている目元や口元といった部分にやさしくなじませてあげるのです。
皮脂は何となく汚いと感じてしまう人ももしかしたらいるかもしれませんが、そんなことはありません。
これほどまでに効果のある美容液はありませんので、使わない手はありませんよ。
皮脂というのは自分の体から出た成分なので、言わば優秀な自然のクリームなのです。
高級な保湿クリームを使っても肌が荒れてしまうことが稀にありますが、自分の体内から分泌された皮脂ならばそんな心配も一切いりません。

それでもそれがどうしてもできないという人は、コットンを水でひたひたに湿らせて、そのコットンで優しく肌をなでるようにしましょう。
この時に注意が必要なのは、こすらないことです。
そして脂取り紙はあまり使わないようにしましょう。
肌に必要な脂や水分を奪ってしまうので、肌のコンディションが余計に悪化してしまう恐れがあるからです。

化粧直しに皮脂を利用

肌が乾燥している時には、脂浮きが気になる部分から綺麗な指先で脂を取って、乾燥が気になる部分になじませる方法がありますが、好きな人とデートをする時には、綺麗に化粧直ししてから出かけたいと考える人が多いと思います。
そんな時にも実は皮脂が大活躍するのです。

まずは皮脂が浮いている部分を指の腹で触り、その皮脂を指の腹と手の平全体を使って顔全体にやさしくなじませます。
そしてその後に、日焼け止め用の化粧下地をたっぷりと肌に塗りましょう。
できればクリームタイプのものよりも、乳液タイプのものを選ぶようにすると肌へのなじみが良いと思います。
さらに化粧下地自体に淡めのベージュ色が付いているとさらに良いでしょう。
この化粧下地をたっぷりめに顔に塗りましょう。
この時は少し多すぎるのではと思うくらいが丁度良いので、躊躇わずにたっぷり塗るようにしてください。

これは、ファンデーションは時間が経過すると色が段々とくすんで来るので、皮脂と化粧下地が混ざると色が綺麗になり、なおかつしっとりしてくるのでおすすめです。
また、日焼け止め用化粧下地には拡散剤と呼ばれる光を反射させる成分が入っているので、光の下にいると肌がさりげなく光り、肌が綺麗に見えるのです。
そうすればニキビも毛穴も目立たなくなりますし、デート中に肌のことを気にせずにいられます。

なお、日焼け止め用化粧下地を塗った後は、おしろいは付けないようにしてください。
質感がぱさぱさした感じになってしまいますし、せっかくのつやつや感がなくなってしまい、肌が疲れた印象になってしまいます。

このページの先頭へ