ニキビが出やすい人に良い食べ物

ニキビができてしまったりや毛穴が目立つようになってしまった肌には、水分を十分に補給することと、栄養のある食事を摂って体質改善を行い、血液を綺麗な状態に整えることが必要です。
とはいえ、体質を改善するためには大体3ヶ月程度が必要だと言われています。

もしあなたが口の周辺にニキビができやすいとしたら、消化器系の調子が悪くなっているのかもしれません。
ですから、バナナやヨーグルト、うどんやおかゆといった、消化しやすいものや、温かいもの、こんにゃくやごぼうなどの食物繊維が豊富に含まれている腸を綺麗にしてくれるものを食べることをおすすめします。

また、生理前になると毎回のようにニキビがあごのあたりに発生するという人の場合は、漬け物や納豆といったホルモンのバランスを整えてくれる発酵食品やさんまやいわし、さばといった青魚を食べるとニキビが改善してくるでしょう。

さらにニキビを防ぐために効果のあるのはビタミンB類です。
ビタミンB類は、じゃがいもや鮭、レバーなどに多く含まれています。
ビタミンB類は肌の炎症を抑制する作用があると言われているのです。
そしてうなぎやしじみ、牛乳には皮脂の分泌量を調整する作用があるとされており、ビタミンB2が豊富に含まれています。

さらに腸の調子を良くすると肌が綺麗になるので、ヨーグルトに生姜をすりおろしたものと生姜のしぼり汁をのせて食べるとおいしい上にお通じも良くなりますのでおすすめです。

このページの先頭へ