ニキビを痕を残すことなく治すために

ニキビができてしまった時には、気になるせいか、すぐにニキビをつぶしてしまったり、ニキビの芯を無理矢理取り出そうとする人が見受けられますが、こうしたことは絶対にしないようにしてください。
ニキビが綺麗に治るどころか、表皮に傷がついてしまい、肌に大きな痕が残ってしまう恐れがあります。

ニキビができてしまったことは仕方ありません。
しかし、そのニキビの程度を軽く抑えるということはできます。

その方法は、ツイスト&ピンチングという方法と美白美容液を使った色素沈着が起こるのを防ぐことです。
やり方はごく簡単です。
まずアルコールの入った化粧水をコットンにたっぷりと含ませた後、ニキビができている部分にそっと貼って、コットンの上から指の腹で軽くこすります。
こうしてニキビを殺菌します。
その後、コットンをはずし、指の腹を使ってニキビができている部分の周りの筋肉を軽くつまんで、にきびの芯を揺らします。
ここで注意したいのが強くつまみすぎてしまわないこと。
芯を早く出したいがために強くつまんでしまうと痕が残ってしまいます。
そうして筋肉を軽く動かしているうちに、芯が自然と出てくるか、もしくはリンパ管の方に流れていくので、ニキビの痕は残りません。
最後に色素沈着してしまわぬように、コットンにたっぷりの美白美容液を含ませ、ニキビができている部分に静かに貼りましょう。
こうすれば肌を傷つけることなく、またニキビの痕が残ってしまう心配もなく、綺麗に治すことができます。

このページの先頭へ